翔栄クリエイトの産業用太陽光発電ソリューション

Slider

ヴィジョン

2030年までにCO2排出量を半減させなければ、地球の温暖化の連鎖は止まらなくなる

地球温暖化をはじめとする世界的な環境対策が求められる中、日本も「2050年カーボンニュートラル」の目標を掲げました。これに対するNHKの国内企業100社への調査では、「達成できる」との回答は13社にしかすぎず、65社に関しては「政府支援などあれば」と条件付きで達成できるという結果が出ています。 また帝国データバンクにより、NHKの100倍以上となる11,479社に対して、同様の調査が行われました。これによれば、「現在の取組みで達成可能」との回答はわずか2.5%、「今以上の取り組みを行う事で達成可能」が13.3%と、努力すれば達成可能と回答した企業は15.8%にしか過ぎず、逆に「達成困難」が43.4%、「達成できない」が17.9%と併せて61.3%の企業が達成困難との見方を示しました。

           

事業案内

太陽光発電事業

開発部による徹底した案件調査とオーダーメイド設計。自社ノウハウによる、各種基準値以上の安全性と高い品質。
バイオマス発電事業

経験豊富な海外企業とのパートナーシップを実現。コストとクオリティを追求した最適なプラント設計施工。
風力発電事業

最適な設計と環境にも優しい風力発電で、地域活性・脱酸素へと貢献してまいります。
海外事業

東南アジア地域を中心に、大規模再生可能エネルギー事業を手掛けています。
           
                       
               

地球温暖化による異常気象が頻発し、ますますその重要性を増す再生可能エネルギー。これからの時代避けては通れない環境対策問題への一つの手段として翔栄クリエイトの取り組んでまいります。
太陽光発電、バイオマス発電、風力発電など、国内外を問わずプロジェクトを進めています。まずは、翔栄クリエイトにご相談ください!

お問い合わせ窓口
  • メールでのご相談はこちら
           ヴィジョン
           翔栄クリエイトの強み
           案件一例