翔栄クリエイトの産業用太陽光発電ソリューション

よくある質問

【よくある質問】太陽光発電の設置で後悔しない秘訣は何?

【よくある質問】太陽光発電の設置で後悔しない秘訣は何?

太陽光発電の設置で後悔しないために、大切なことは何でしょうか?それは、設備全体を支える「基礎」づくりです。

太陽光発電システムの基礎とは、パネルや架台を支えるコンクリート基礎や杭を打ち込む地盤そのもの、あるいは屋根や建物そのものの強度などを指します。

設置面積や施工費用、発電パネルの性能は皆さん気にされるのですが、この「基礎」部分を重要視していない場合が多く見受けられます。

しかし、基礎をおろそかにすると大きな損害を招く危険性があるのです!

十分な土台づくりができていなければ、わずか数年しかもたない可能性もあります。架台が折れてパネルが割れたり、屋根が錆びてネジが緩み始め、強風で飛ばされた太陽光パネルが周囲に大きな被害を及ぼすことも。

何よりも大切にしたい「基礎」づくり。設置場所や気候等の環境によって、その手法はさまざまです。翔栄クリエイトでは、16年間にわたる太陽光発電工事の施工実績と豊富なノウハウに基づいて、徹底的に現地調査。安心で最適な「基礎」をご提供いたします。

太陽光発電は、20年以上にも及ぶ長期的な事業。将来を見据えた施工計画と、アフターメンテナンスやリスクヘッジも考慮してシステムプランを設計していくことが大切です。私たちは、長きにわたって信頼していただけるパートナーとしてお役に立ちたいと思っています。

【よくある質問】 太陽光発電の早期参加の具体的なメリットは?

太陽光発電の早期参加で、売電価格と節税面からさまざまなメリットを受けることができます。

売電価格について

太陽光発電事業で魅力的なポイントは、作った電力を20年間安定した価格で買い取ってもらえる『固定価格買取制度』ですよね。ところがこの固定価格は年々下がってきています。ここ3年ほどを見ても、産業用の太陽光発電の場合、1キロワットあたり40円から36円、32円と継続的に下がっています。

わずか数円の金額差であっても、20年間の総売電金額として積み上がってくると大きな差になってきます。このまま行くと2015年度の売電価格はさらに下がって30円を切る可能性があります。これが2014年度のうちに太陽光発電に参入された方がよい理由の一つです。

この場合の参入とは、最低でも2014年度末(2015年3月31日)までに、経済産業省への申請手続きを完了させ、かつ認定通知を得ている状態を言います。通知日が2015年4月1日以降になってしまいますと、来年度の固定価格が適用されてしまいますので、早めの準備が必要です。

節税面について

太陽光発電事業は国が強力に後押しをしているため、導入を促進させるためにいくつかの減税制度も用意されています。それがグリーン投資減税。この減税制度には3つの減税措置がありますが、そのうちの「100%即時償却」は2014年度で終了してしまいます。設置にかかった費用を初年度に全額償却できるため、参入年度の法人税がおさえられるというひじょうにメリットの大きい制度ですが、この措置の適用を受けるには、2015年の3月31日までに発電設備を取得し、取得後一年以内に売電を開始しておく必要があります。

売電開始の事実をもって減税措置の適用となりますので、仮に自社の決算月が3月で、今年度の事業税に対して減税適用を希望する場合は、設備取得だけでなく、売電開始も2015年の3月31日までに完了しておく必要がありますので、注意が必要です。

また、同じくグリーン投資減税には、「30%特別償却」と「7%税額控除」を選ぶことができますが、こちらも2015年度で終了予定となっていて、2016年3月31日までに発電設備を取得し、取得後一年以内に売電を開始しておく必要があります。

太陽光事業の参入を急ぐ大きな理由には、このような背景があります。
興味のある方はぜひ翔栄クリエイトへお問い合わせください。

無料の太陽光発電シミュレーション
太陽光発電シミュレーションの無料お申し込みはこちら