翔栄クリエイトの産業用太陽光発電ソリューション

異常気象のリスクに対応できる太陽光発電

昨今、地球温暖化は右肩上がりで確実に進んでいます。
異常気象や極端現象が頻発して、発電所が一瞬にして消えてしまう可能性すらあるのです。

近年では、竜巻やダウンバーストなど、以前の日本では発生することがなかった異常な気象現象が報告される様になりました。

台風の被害も毎年増加しています。
皆様もニュースを目にして、身が縮む様な想いをされているのではないでしょうか。

こちらの写真は、先日伊勢崎市で突風が吹いた時の壊れた発電所です。
架台は残っても、パネルを固定金具が押えきれないことが起きるでしょう。

こちらの写真では、パネルのフレームがゆがみ、中身が飛び出しています。
これからは、パネルを取付けるのではなく、守るための架台が必要になるでしょう。

今のままの施工方法で、このまま異常気象が進めば、
太陽光パネルが吹き飛んでいく映像を頻繁に目にする日が来るかもしれません!

こちらは1号発電所と3号発電所を弊社で設計施工したお客様が、他社に設計を依頼した2号発電所の現場です。
一般的な積雪量の基準で設計されていた様ですが、通常の3倍の1mにも及ぶ積雪の重みに耐えられずに曲がってしまったのです。
しかし、これらは天災というよりも人災、設計の甘さが原因です。

昨今の異常気象は明らかで、過去50年間を基準にした建築基準法の、
一般的に風速34m/sという設計では、20年間耐えられない確率の方が高いでしょう。

翔栄クリエイトの「6点止頑強架台」は、パネルをしっかりと架台に固定でき、
パネルのフレームを挟み込むように補強するので、異常気象のリスクを極端に軽減できます。

しかし、コストが上がってしまうのではとご心配の皆さん。
翔栄クリエイトは「稼げる太陽光発電」を標榜している会社です。ご安心ください。

架台のコストは多少上がっても、発電力を上げ売電収入を増やせる機器と設計、
施工費やメンテナンスコストを抑える方法もご提案できるので、トータルコストが下がり、収益が上がるのです。
その秘密はぜひ翔栄クリエイトへお尋ねください!

無料の太陽光発電シミュレーション
太陽光発電シミュレーションの無料お申し込みはこちら