翔栄クリエイトの産業用太陽光発電ソリューション

「稼げる太陽光発電」を実現する中型パワコン分散型システム

太陽光の固定価格買取制度が始まって3年が経ち、キロワット単価は27円になりました。
これまで以上に地理的条件や機器選定を十分に考慮しないと、うまく収益を生む発電所を
作ることができないのではないかとお考えの方が増えてきていると思います。

―27円でも収益を生む発電所が作れるのか?―
高圧や特高の発電施設をお考えの方へ、翔栄クリエイトが提案する
「中型パワコン分散型」と「SUNウォッチャー」との組合せであれば実現可能です。

弊社がお勧めする「中型パワコン分散型」のメリットとして第1に挙げられるのは、
大型のパワコンと比較して、高性能なのに価格が安い!!!という事です。
しかもこれに加えて、「中型パワコン」のメリットは、基礎や空調、収納箱が不要です。
従って、値段を4割近くも抑える事が可能なのです。

第2に、工事費が安いことが挙げられます。
大型パワコン導入の場合と比較して、25%以上も削減できます。
パワコンを架台下に設置できるので、パワコンのスペースが要らなくなります。
そこで、余裕が出来た分、キュービクルを中央に持って行くことが可能になり、配線量を短くできるのです。
しかも何十メガと、発電所の容量が大きくなるほど、
パターン化した施工に職人が慣れるため、労務費の削減と工期の短縮が可能です。
また、接続箱も不要で、機器も材料も労務も大幅に減らすことができます。

パワコンを架台下に設置できるので、パワコンのスペースが要らなくなります。
そこで、余裕が出来た分、キュービクルを中央に持って行くことが可能になり、配線量を短くできるのです。
しかも何十メガと、発電所の容量が大きくなるほど、
パターン化した施工に職人が慣れるため、労務費の削減と工期の短縮が可能です。
また、接続箱も不要で、機器も材料も労務も大幅に減らすことができます。

第3に、「中型パワコン分散型」を翔栄クリエイトのオリジナル遠隔監視システム
「SUNウォッチャー」と組合せることによって、O&M原価を30%も下げられます。
50kWまたは20kW単位での発電監視はもちろん、さらに細かく発電状況をモニターすることができます。
異常が起きた場合、O&M業者にはエラーコードがアラートメールで届くので、
いち早く原因を特定し、どのアレイに問題があるかもわかります。

また、パワコンが故障しても、メーカーの専門家を呼ぶ必要がなく、
予備と交換しさえすれば良いのも魅力です。また、保証期間5年あることもいいですね。

最後に、パワコン性能が優れている点も、このシステムを選ぶ理由です。
まず、入力動作電圧範囲が200~1000Vと幅広く、朝早い時間からでも、雨天でも発電が可能な事が挙げられます。
次に、MPPT数が最大で大型パワコンの50倍もあるので、影の影響を受けにくいメリットがあります。
更に、最大入力が1000V、最大出力も400Vと高いため、電圧降下が少ないことも見逃せない点です。
当然、変換効率も高く、こういった理由から、発電量15%アップも可能になっています。

無料の太陽光発電シミュレーション
太陽光発電シミュレーションの無料お申し込みはこちら