翔栄クリエイトの産業用太陽光発電ソリューション

太陽光発電で大切なこと

太陽光発電事業で一番大切なことは?

太陽光発電事業で一番大切なことは?

太陽光発電事業で一番大切なことは投資回収の短さでしょうか?それとも利益率?節税効果?効率?社会貢献?保証?

…しかし、一番大事なのは、事業主も設計施工会社もあまり気にしていない「基礎」です。

基礎は何においても重要です。基礎が不安定であればいくら他が良くても全て崩れます。太陽光の基礎とは、野立てなら地盤・杭・コンクリート、屋根設置なら屋根そのものです。


利益や社会貢献なんて言ってられない事態にも!

特に昔の工場の折板屋根に塗装もしないでパネルを取付けたら、5年と持たないでしょう。先日「台風の時、隣の工場の屋根からパネルが飛んできた!!」と言っていた人がいました。屋根が錆びて止め具が緩んでパネルが人に当たったら、利益も貢献も一瞬に消えるのです。

風速が2倍になると基礎の強度は約4倍必要

風速が2倍になると基礎の強度は約4倍必要

2013年11月にフィリピンを襲った台風30号は、この時の最大瞬間風速は105m/s、最大風速は87.5m/s。今の日本の建築基準の3倍でした。昨今の気象は正に異常で、その異常さには益々加速度が加わっているようです。それはゲリラ豪雨・竜巻・巨大台風・夏の酷暑・冬の寒波などでお分かりでしょう。

今まで見てきたように、太陽光発電設備にとって「風」は見過ごし得ない要素です。風速34m/sから55m/sになると2.6倍の強度が必要です。

何事も、しっかりとした土台と骨組みがあってこそです。20年間の利益や社会貢献を確実にするためにも、こだわりの設計・施工が大事なのです。

政府が導入促進を強力に後押し!

太陽光発電事業は20年間の長期に渡る事業です。何より 『後悔しない発電所』 にするために、より安心・安全で効率のよい発電所を長期的目線で考えましょう。

太陽光発電の設置チェック項目

  • □ 近隣に住宅が建ったり、木が伸びたりするリスクはありませんか?
  • □ 今後の異常気象による想定外の台風や突風の影響を考えた設計になっていますか?
  • □ パワコンやパネルの一部が壊れても全体の発電量に大きな影響がない設計になっていますか?
  • □ 地震やその他の災害に対するリスクは考えていますか?
  • □ 定期的なメンテナンスを視野に入れた運用計画をたてていますか?
  • □ 入ろうとしている保険は、どのような条件で支払われるか確認していますか?
  • □ 計画中のパネルの重量や設置方法で、建物への負担は大丈夫ですか?
    (構造計算や雨漏り対策が必要な建物もあります)
  • □ 太陽光発電に関する法律・制度を把握していますか?
  • □ 投資回収期間、利回り、最終利益等、どれを重要視して決めていますか?
無料の太陽光発電シミュレーション
太陽光発電シミュレーションの無料お申し込みはこちら