翔栄クリエイトの産業用太陽光発電ソリューション

太陽光発電のメリット

国政による高い収益性が魅力の太陽光発電

国政による高い収益性が魅力の太陽光発電

太陽光発電の魅力は、やはりビジネスとしての収益性の高さと言えるでしょう!

2012年、日本では太陽光発電の普及促進に向けて「固定価格買取制度」が施行されました。これは太陽光で発電した電力を、20年間固定価格で電力会社が買い取ってくれるというもの。

たとえば、3000万円で導入した太陽光発電設備で発電した電力を、今年度(平成26年度)の固定価格である32円で売電した場合、20年間の売電価格はおよそ8400万円。 投資金額の2.8倍にもなる可能性があります。

固定価格買取制度によって、安定した収益の見通しが立てやすく、早ければ6~7年で投資回収ができ、20年間で投資コストの2~3倍の利益を得ることも可能です。

この収益性の高さが人気を呼び、いま、太陽光事業に参入する企業が増えています。

太陽光発電は誰でも簡単に始められる事業

太陽光発電は収益性の高さだけでなく設備導入のしやすさも魅力のひとつです。太陽光発電は、その他のエネルギー発電に比べ、低コストで始められます。

風力発電や水力発電は1基あたりの規模が大きいため、事業を始めるのに必要な資金が数十~数百億円規模になる傾向があります。さらに、建設のための十分な土地の広さも必要になり、その他の設置環境の条件も比較的限られてきます。

しかし、太陽光なら地域を限定することなくどこにでも降り注いでいるエネルギーなので、基本的に太陽光パネルが取付可能な場所さえあれば始められます。

土地がなくても始められる太陽光発電

土地がなくても始められる太陽光発電

太陽光を利用した発電所を設置し、電力会社に売電をして収入を得る一連の仕組みを太陽光発電システムと言います。

置容量が10kW以上の発電設備は産業用太陽光発電所となり、産業用の場合、その収益性と安定性の高さから、投資対象として注目されています。

また、太陽光のような枯渇の心配が極めて少ないエネルギーを、再生可能エネルギーと呼び、太陽光のほかにも、風力・波力・水力・潮力・地熱・バイオマスなどによる発電も、再生可能エネルギーと呼ばれています。当然のことながら、太陽光発電所で毎日電力を作るのは、人ではなく太陽光パネルですから、駅近である必要はありませんし、病院やスーパーなどが近くに無いと不便ということもありません。

居住地や商業用としては今ひとつの土地であっても、太陽光発電という観点で見た場合には、非常に魅力的な土地である可能性があります。「土地はないけど、太陽光発電を始めたい」という方。

「いま持っている土地を売りたい(または、貸して有効利用したい)」という方。土地のない方、ある方どちらにとっても、投資として魅力的な事業のひとつです。

グリーン投資減税による節税

太陽光発電の普及促進のため、政府が実施している固定価格買取制度と並ぶ、もう一つの強力な柱として、国は太陽光発電に対して大胆な減税措置を講じています。具体的には、太陽光発電所を設置した事業者は、下記3つのうちのいずれかの減税措置を受けることができます。

100%即時償却 発電事業初年度に設備取得金額の全額(100%)を損金計上
設備取得期限:平成27年3月31日まで
30%特別償却 通常の普通償却に加えて、発電事業初年度に設備取得金額の30%を損金計上
設備取得期限:平成28年3月31日まで
7%の税額控除
(中小企業者等のみ)
法人税額(個人の場合は所得税)の20%を上限として、
太陽光発電設備取得にかかった費用の7%の税額控除が受けられる
設備取得期限:平成28年3月31日まで
100%即時償却を適用したA社の例
発電設備取得金額
【経費】5000万円

設備取得年度の法人税
(個人の場合は所得税)
課税額【利益】3000万円
利益3000万円に対して太陽光設備取得にかかった経費が5000万円となり、今年度のA社の利益は残らないので、税金は0円となります。

さらに設備取得金額5000万円のうち、今年度経費処理をせず余った2000万円は翌年以降9年目(個人の場合は3年)まで経費として繰り越すことが出来ます。

『固定価格買取制度』と『グリーン投資減税』の組合せで、太陽光発電設備の取得は非常に恵まれた条件が揃っています。

太陽光発電をはじめるなら今!

太陽光発電をはじめるなら今!

高収益性、安定性、社会的意義など、事業性が非常に高い太陽光発電ですが、政府が実施している『固定価格買取制度』の固定価格は年々下がってきています。ここ3年ほどを見ても、産業用の太陽光発電の場合、1キロワットあたり40円から36円、32円と継続的に下がっています。

1キロワットあたりはわずか数円の金額差であっても、20年間の総売電金額として積み上がってくると大きな差を生むことになります。このまま行くと2015年度の売電価格はさらに下がって30円を切る可能性があります。

また、節税効果が非常に高いグリーン投資減税。この減税制度にも期限が設けられていて、3つの減税措置のうちの「100%即時償却」は2014年度で終了してしまいます。設置にかかった費用を初年度に全額償却できるため、参入年度の法人税がおさえられるというひじょうにメリットの大きい制度ですが、この措置の適用を受けるには、厳密には2015年の3月31日までに発電所の設置を行って売電まで開始しておく必要があります。

同じくグリーン投資減税には、「30%特別償却」と「7%税額控除」を選ぶことができますが、こちらも2015年度で終了予定となっていて、2016年3月31日までに発電所の設置を行い、売電まで開始しておく必要があります。

これらをふまえ、太陽光発電への事業参入は2014年のうちにしておいた方がよいと言われています。

無料の太陽光発電シミュレーション
太陽光発電シミュレーションの無料お申し込みはこちら